特徴や必要なスキル

美容看護師は、美容外科病院で働く看護師を指す名称です。
仕事内容は一般的な病院とほぼ同じですが、美容に関係する機器の操作や患者への説明など、美容外科特有の業務もあります。
また、整形手術のアシスタントも、美容看護師の仕事の1つです。

美容看護師として働くためには、他の病院と同様に看護師あるいは准看護士の資格が必要になります。
それに加えて美容外科病院の多くは患者の精神的ケアに役立つカウンセリング関係の資格を持っていることを重視するので、美容外科病院での仕事を円滑に進めるためには積極的に資格取得を目指すことが大事です。

美容外科病院は他の一般的な病院と異なり、夜間診療や急患の受け入れはほぼありません。
そのため、仕事の割り振りも他の病院と比較すると、心身への疲労が少ないものになります。
しかし、病院の運営方針によっては、深夜帯まで開業している所もあります。

また、美容外科病院は美顔器や脱毛器などの美容グッズを販売している所も多いので、美容看護師は販売員としての仕事もこなす必要があります。
扱っている製品の詳しい知識が不可欠なので、美容看護師は医療関係の勉強と併せ美容機器についても学習することが重要です。
患者が多い病院ではオーバーワークの状態になりやすく、心身の疲労につながる問題があります。
勤務シフトを工夫して十分に休息が得られるように工夫したり美容機器を自分で使って効果を体感することが、説得力のある販売トークを展開することにつながります。