美容系クリニックで役立つ外国語

美容系のクリニックで働く場合、外国語を話せるとプラスに働くことがあります。
東京や名古屋、大阪などの都市圏では、美容看護師を募集する際に「外国語を話せる方歓迎」と記載している求人も存在します。
特にニーズがある語学は、中国語や英語などです。
アピールするなら、日常会話レベル以上が求められるでしょう。
外国に留学した経験があったり一定以上のレベル語学資格試験に合格していると、面接の際に評価対象にして貰えることが期待できます。

この背景には、在留外国人の増加があります。
在留外国人の数は260万人上と過去最高を更新しており、この流れは今後も続くとされています。
政府には、不足している労働力を外国人に助けて貰おうと言う考えがあります。
こうした背景から、留学生や技能実習生が増加しています。
また、政府は日本に訪問する外国人の増加を狙っており、将来的には4,000万人から6,000万人程度に増やす考えがあります。
そのため、将来的には日本全国の美容系クリニックにて外国語スキルが求められるようになる可能性もあります。

日本は、実は整形大国だと言われています。
施術数は約190万件行われており、米国の422万件、ブラジルの252万件に続く世界第3位になります。
この統計は世界全ての国を含めたものではありませんが、それでも日本は整形を行う人数が世界の中でも多い方だと言われています。
整形を行う人が多いことから、業界の技術はさらに進歩して行くことが予想されます。
そうなると、世界中から日本の整形技術は信頼を勝ち取ることになり、外国の人が日本で整形することも増えるかもしれません。

以上のことから、今後ますます外国語を話せる看護師の需要は高まっていくでしょう。